先進医療のスペシャリスト|人の気持ちを理解できる心理カウンセラーになるなら講座を受講する

人の気持ちを理解できる心理カウンセラーになるなら講座を受講する

ハート

先進医療のスペシャリスト

男女

リスク管理が重要な技術

医療の現場では、放射線を扱う機会が増加しています。最もよく知られているのはX線撮影ですが、それ以外にもCTやマンモグラフィなどの各種検査機器、がん治療でおなじみの放射線治療機器などでも放射線が用いられています。放射線技術は健康を守るためにとても役に立つものですが、使用法を誤ると逆に健康をおびやかすおそれがあります。そのため、現在では多くの職場で専任の技術者が業務を担当するようになっています。それが診療放射線技師です。診療放射線技師は放射線を用いた検査及び治療のエキスパートです。高度化・複雑化を増す医療機器を正しく扱い、医療の安全を確保するとともに、医師や歯科医師との連携によって診療の効率化を図っています。

知識と技能の両方が必要

診療放射線技師は業務独占の国家資格となっており、資格のない者がその仕事に就くことはできません。診療放射線技師になるには、国が指定する養成機関で必要な知識や機器の操作法などについて学んだ後、国家試験に合格する必要があります。養成施設は大学・短期大学・専門学校で、全国に約40校あります。大学はほとんどが医療系の学部に養成コースが併設されていますが、一部の大学では工学系の学部に属しています。医学を基礎として工学・物理学・生物学など多方面の学習が必要になります。短期大学は3年制、専門学校は3年制または4年制となっています。なお、診療放射線技師は超音波を使った検査など、放射線以外の検査や治療機器の操作を担当することもあります。これらの業務に関する国家資格はありませんが、関連団体による認定資格があります。併せて取得しておけば、仕事の幅が広がります。